学生にはカーシェアリングがオススメ

若者の運転免許取得率が下がっていると言います。特に東京都での若者の免許取得率は6割が程度と、他の地域と圧倒的に少ないのです。最近は就職時に運転免許は必要条件となっていないのでしょうか?私が大学生だった1990年代は、大学在学中に運転免許を取得するのが一般的でした。時代は変わってしまったようです。
運転免許取得率が下がっていることは、自動車の保有率も下がっていることにつながります。特に若者の自動車離れは深刻で、昔のようにバリバリ働いて良い車に乗りたいという願望は薄れているのです。原因はいろいろありますが、やはりスマホ関連にお金がかかることが大きな要因です。人気のiPhoneを買うと月に1万円ほどスマホ代がかかります。これにゲームで課金したり、音楽を購入したりすればさらにお金がかかり、中古車すら購入するのは難しいでしょう。都会では駐車場代が2~3万円、都内なら4~5万円かかるところもあります。これではとてもマイカー持つのは無理です。
そこで最近注目されているのが、カーシェアリングです。コインパーキングの大手タイムズが運営するタイムズカープラスでは、学生なら月額料金は無料です。料金もデミオやプリウスなどの大衆車なら、15分206円です。さらに6時間パックが4020円、12時間パックが6690円、24時間パックが8230円となっています。これにはガソリン代も含まれるので、お金のない学生にオススメです。